全州へ行こうよ!韓国の全羅北道(チョルラブクド)・全州市(チョンジュシ)の旅行情報をご案内。韓国を代表する食の都、全州・全羅北道の見どころ、グルメ、交通・宿泊情報などをご紹介します。

干潟が発達した西海岸沿いで獲れるメスの渡り蟹は体が大きく、とくに産卵を控えた5~6月にかけては抱いている卵や蟹味噌があふれんばかり!

韓国人はこんなふうに特別に美味しい蟹(게)のことを花(꽃)をつけて「꽃게(コッケ)」と呼ぶ。

そしてコッケの本場といえば全羅北道群山市が有名だ。

yuson01a

コッケのおいしさを堪能できる料理としては醤油に漬けたカンジャンケジャンが一般的に知られているが、こちらの「ユソン・コッケジャン」で出される蟹はひと味ちがう。

なんと新鮮な大ぶりの蟹を<塩ベースのタレ>で漬けこんだ、珍しい「ソグム・コッケジャン」の名店なのだ。

yuson02

地元の漁師さんが蟹を塩で保存していたことにヒントを得て開発されたという。

白く輝く蟹肉の美味しそうなこと!

醤油を使わないので透明感があってなんとも美しい!

漬け汁がやや茶色いのは醤油ではなく、色付けにほんの少し桂皮を加えているからだそう。

yuson03

社長に教えられたとおり、殻をギュッとつぶし、ぷりぷりの身を押し出してかぶりつくと凝縮された蟹の甘味が口中に広がる。

醤油漬けのカンジャンケジャンに比べるとやや塩気を感じるが、すっきりした後味がさわやかで蟹本来の旨味を堪能できる。

yuson04

コッケの甲羅には期待にたがわず卵と蟹味噌がたっぷり詰まっているので、スプーンでていねいに掬い取ってお皿に出す。甲羅の両端のとんがった部分にも意外にたくさんの身が詰まっているので箸も動員してしっかり取り出そう。

yuson05

yuson06

ここに石釜で炊き上げた美味しいご飯と塩ダレを少し入れて混ぜれば…ケアルビビンバ(蟹玉子飯)の完成!蟹味噌がたっぷり絡まったご飯を韓国海苔にのせて食べるのもいい。

yuson07

まさに至福のひと時!ご飯が何杯でもイケそうで、「ご飯どろぼう」の異名も納得できる。

yuson08

「うちの味を本当に味わいたいと思う人だけに提供したい」との思いから、マスコミの取材や旅行会社のツアーは滅多に受けないと語る社長さん。

美味しい本場の蟹をじっくり味わいに、何度でも訪れたい名店だ。

yuson09

<参考> ※2013年12現在

ソグムコッケジャン 一人前:24000ウォン

コッケタン(カニ鍋)二人前:50000ウォン

コッケチム(蒸し蟹)1Kg:72000ウォン

※コッケジャンはテイクアウト可能

yuson10

yuson11

ユソン・コッケジャン(유성꽃게장)