全州へ行こうよ!韓国の全羅北道(チョルラブクド)・全州市(チョンジュシ)の旅行情報をご案内。韓国を代表する食の都、全州・全羅北道の見どころ、グルメ、交通・宿泊情報などをご紹介します。

リノベーションされて全館ピカピカに生まれ変わった。2年前までは「全州観光ホテル」と呼ばれていた。全州客舎や若者の街「歩きたい通り」に近く、徒歩圏内には夜遅くまでやっている店もあり、観光にもビジネスにも便利なロケーション。

pungnam01

明るいロビー。スタッフは日本語が話せないが対応は丁寧だ。

pungnam02

客室はもっともリーズナブルな「ビジネス」から「デラックス」「スィート」「ローヤルスィート」の4段階の料金設定になっている。部屋は清掃が行き届き、寝具も清潔。

こちらは「ビジネスツイン」99000ウォンの部屋

pungnam03a

「ビジネスダブル」77000ウォン

pungnam03b

「ビジネスオンドル」99000ウォン

pungnam03c

テレビ、ドライヤー、冷蔵庫、ミニバー、電気ポットが置かれている。

エアコンの設定と照明は手前のパネルで行う。

pungnam04

アメニティも一通りそろっている。

歯ブラシ、カミソリなどはホテルのロゴ入りのケースに入っている。

pungnam05

シャワールームの水回りは清潔で湯水の出もたっぷり。なんとこの水はアルカリ浄化装置を通しているのでお肌しっとり効果が期待できそう。

※浴槽の有無は部屋によるので、予約時に希望を伝えること

pungnam06

「朝食付きプラン」の場合はチェックイン時に渡された「朝食利用券」を持参して1階ロビーフロアの「宴会場」へ行こう。

pungnam07

上が「朝食利用券」、下は「コーヒー割引券」。朝食の時間内に限り、並びのコーヒーショップでアメリカーノを半額で注文できる。

07c

ブッフェ方式の朝食は、キムチなどのパンチャン3~4品と、トースト、フライドポテトやソーセージ、雑穀米とスープ程度で、コーヒー・紅茶の提供もなくやや物足りない気がした。

取材した日は韓国人客が多いということで、韓食メニューが中心だったが、予約状況を見て内容は変わるという。

pungnam07b

全羅北道観光協議会の初代会長でもある総支配人のウィ・ソンゴンさんから日本人観光客へのメッセージをいただいた。

「オープン間もないホテルですが、全州の観光を充分楽しんでいただけるよう、従業員一同、誠心誠意おもてなしいたします。全ての韓スタイルを味わうことのできる全州へお越しいただき、私どものホテルでゆったりとおくつろぎください。」

pungnam08

大通りから入った場所にあるせいか繁華街が近いわりに夜は静かだ。

今後はホテル周辺の開発を進め、売店などの付帯施設も増やされる予定なので、より良いホテルに成長することを期待したい。

全州豊南観光ホテル(전주풍남관광호텔)