全州へ行こうよ!韓国の全羅北道(チョルラブクド)・全州市(チョンジュシ)の旅行情報をご案内。韓国を代表する食の都、全州・全羅北道の見どころ、グルメ、交通・宿泊情報などをご紹介します。

韓国発祥の仏教団体、円(えん)仏教によって運営されている民泊。木の香りも新しい客室が中庭を囲むように建てられ親切で穏やかなご主人が世話をしてくださる快適な宿だ。朝食の充実ぶりは特筆もの。


仏教系と聞いて「座禅の強制とか、オーナーのお説教とかがあったらいやだなぁ」などと思ったが、そんなことはなく実に快適な宿。
宗教団体経営とは知らされなければわからなかっただろう。

部屋にはエアコン、湯量も豊富なシャワーと清潔なトイレがあるので女性にはうれしい。


中庭を挟んだ反対側にも客室があり、そちらは少し部屋が大きいと見え家族連れが泊まっていた。

‘音’に関しては注意されるようで酒類の持ち込みも禁じられており、満室にもかかわらず静寂な夜を過ごすことができた。


円仏教は万物の故郷ということで『〇』を教団のトレードマークとしているのが特徴。
宗旨に基づいたワークショップ、丹田呼吸講座、ヨガ・瞑想、海苔プガク(海苔の天ぷら)作りなどを体験できる。

民泊の隣に本部ビルがあり、朝食はこの中の食堂で食べる。


こちらは朝ご飯。
数人のアジュンマがせっせと支度をしてくれるのをオンドル部屋に座って待つ。

さすがは全州だ。味もボリュームも文句なし!
真ん中の大きなチヂミは席についてからひとつひとつ焼いてくれる。
熱々の香ばしいチヂミはうれしいが朝からそんなに食べられるはずもなく、おかず類はかなり残してしまった。(神様ごめんなさいっ)

笑談圓 (소담원=ソダムウォン)