全州へ行こうよ!韓国の全羅北道(チョルラブクド)・全州市(チョンジュシ)の旅行情報をご案内。韓国を代表する食の都、全州・全羅北道の見どころ、グルメ、交通・宿泊情報などをご紹介します。

全羅北道の見どころが1泊2日のコースにぎゅっと詰まった「全羅北道循環観光バス」。

2013年の運行が3月23日に始まりました。

今年もソウル光化門と釜山西面駅から毎週土曜日に出発します。
費用は一人97000W(大人)と、この円安にあってもオトクな価格。

土曜日の朝7時、バスはソウルまたは釜山を発ち、全州韓屋村を見学。
夜は全州市内のホテルに宿泊。

※ただしソウル発のコースのうち、第2週目のみ、韓屋の宿泊を選択できます。
(2名一室の場合一人当たりの追加料金は10000W。)

日曜日、ホテルで朝食後
高敞へ。高敞邑城、コインドル博物館、禅雲寺などを見学後
扶安の海岸をドライブ。
セマングム防潮堤を通って、「セマングムアリウル常設公演」を観覧して
ソウルまたは釜山に戻るというコースです。

料金にはバス、ガイド(韓国語)、朝食1回、昼食1回、指定ホテルでの宿泊費(2名一室)が含まれています。
観光地の入場料、上記以外の食事代、各種体験費などは別途料金要。

くわしくは催行会社「南北観光」のサイトで http://nbtour.co.kr/sub/sub_01.asp