全州へ行こうよ!韓国の全羅北道(チョルラブクド)・全州市(チョンジュシ)の旅行情報をご案内。韓国を代表する食の都、全州・全羅北道の見どころ、グルメ、交通・宿泊情報などをご紹介します。

青年の窮地を救う美しき黒バラの女性! 黒バラっていったいなに? イルボンサラム(日本人)の当惑をよそに 熱くにぎやかに全州の夜がふけてゆく…

 

全北大学生ソンヒョン君の誕生会に私も参加させてもらえることになった。
会場は青い照明に満たされたお洒落な店。座り心地の良い大きなソファに座ると大きなピッチャーでビールが運ばれた。
酒肴は「アムゴナ(よりどり)」という盛り合わせ料理。唐揚げ、ポテトフライ、イカ炒め、林檎サラダなどが大皿にすごいボリュームでどどっと出てきた。

注文もしないのに、氷と水を入れた大ジョッキがひとつだけテーブルに置かれた。「回し飲み用のお冷や」だという。男の子も女の子も当然のように同じジョッキを回し飲みするとは… うーん、ちょっとびっくりだ。

 

中央がお誕生会の主役。店内の照明が落とされ真ん中においたケーキのローソクに火を点ける。

 

急に店内の照明が落とされ「Happy Birthday」の曲が流れる。幹事のヨンス君があらかじめ店の人に頼んでおいたらしい。 ローソクに火を点して歌い始めると他のお客たちも一緒に手拍子してくれるではないか。
ケーキを少しずつ切り分けては周囲のテーブルに配る。

見知らぬ女の子が「チュッカハムニダ!(おめでとう)」と言いながらビールの入ったピッチャーを持って来た。ソンヒョン君、うれしそうに一気に飲み干す。
だが大変なのはその後だった。

次々に違う客が酒をすすめるのであまり酒に強くない彼はたちまちフラフラになってしまった。
ピッチャーを持ったまま立ちつくす彼に「女の酒は飲んでもオレの酒は飲めないのか!」と詰め寄る男性客。

 

店内に持ち込んだデコレーションケーキ。大ぶりにスライスされたフルーツがのっている。

 

祝いの酒を断るわけにもいかず途方に暮れる姿に「どうなることか…」と見守っていると、隣の席で飲んでいた女性が「黒バラ」の名乗りを挙げた。

一気飲みの代役を女性がつとめる時には「黒バラ」、男性なら「黒騎士」と呼ぶのだそうな。よく見るとGパン姿の「黒バラ」は背が高くシャープな顔立ちの美人だった。
ソンヒョン君の手からピッチャーを取り上げると、グイグイと見事な飲みっぷりで一気に飲み干してしまった。われるような拍手と感嘆の声を受けながら、彼女はさっさと自分の席に戻っていった。

「ふうーん、カッコ良い!」
鮮やかな飲みっぷりにひたすら感心していると「黒バラ」がソンヒョン君に何やら言いつけた。
窮地を救われた人は相手の「黒バラ」もしくは「黒騎士」の言うことをなんでも聞かねばならないルールなのだという。

 

ブルーの照明がお洒落な店内。手前が「黒バラ」の名乗りを挙げた勇ましい女性。

 

希望を伝えられたソンヒョン君が私たちのテーブルの上にあった料理の大皿をそそくさと彼女のテーブルに持って行く。勿論こちらのメンバーに不平を言うものはいない。
しばらくして、やや小ぶりの皿に盛りつけしなおされた料理がこちらのテーブルに戻されてきた。すべて取り上げては気の毒に思った「黒バラ」が気を利かせてくれたらしい。

 

「友だちの友だちは友だち」…を地でいくのが韓国人だ、といった人がいるが、彼らにとってはこうしたやり取り自体がコミュニケーションの一種であり「遊び」なのだろう。
彼らを見ていると他人との距離感がとても少ないのを実感する。

 

「黒バラ」の女性がきれいに盛りつけ直して戻されたアンジュ(つまみ)。細やかな神経の持ち主でもあるらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です