全州へ行こうよ!韓国の全羅北道(チョルラブクド)・全州市(チョンジュシ)の旅行情報をご案内。韓国を代表する食の都、全州・全羅北道の見どころ、グルメ、交通・宿泊情報などをご紹介します。

全州では「食」の次に有名な「韓紙」の製造メーカー。壁紙や障子、オンドルなど韓屋には韓紙が欠かせない。近年では書画や工芸品の用途としても全州韓紙は評判が高い。こちらでは質の良い韓紙を卸値で購入できるのが魅力。


こちらの建物は2012年10月より「全羅北道優秀商品館」という店舗になりました。
http://jeonju.jp/shop/index.cgi?id=1361966639
天陽製紙の韓紙製品は近く、となりに完成した建物で販売されています。(2013年5月現在)

韓屋村の観光案内所の横にある重厚な瓦屋根の建物が天陽製紙の本社&ショップ。

コウゾ(楮)を原料に手漉きで丁寧に作られる伝統韓紙はその品質の高さから工芸専門家たちも愛用している。
お土産に最適な製品も充実している。

館内は飾り気のない雰囲気。
書画、工芸、包装、インテリアなどさまざまな用途に使われる韓紙がずらりと並ぶ。


この日は日本から来たカップルが韓紙製品のお土産を求めてやってきていた。
民画の絵葉書や手帳などを購入されたようだ。

接客をしている女性は社長夫人で、彼女が着ている韓服もなんと韓紙製。
韓紙は柔軟でありながら非常に頑丈で、布に比べても強度に遜色はないそうだ。


販売している韓紙製品の一例。

イチオシは天陽製紙ならではの「韓紙石鹸(一個W5000)」。
韓紙の原料であるコウゾの有効利用として考案され、医学的な効果も認められて特許を受けている。
優しい使い心地でアトピーやニキビなど肌にトラブルのある人にも好評。

韓紙の工芸品の種類は多く、ネクタイなどの意外なものもあって見るだけでも楽しい。

またハングル柄や民画を描いた韓紙もなかなかステキで活用範囲も広そう。
韓国好きな人に良いお土産になるのではないだろうか。
製造直売ということで値段もかなりお得!


裏手には作業場があり、女性達が手作業でコウゾの皮を剥いている。
これはきれいに剥がしたコウゾを干している光景。

動画:作業中の様子
http://www.youtube.com/watch?v=bu9SbDFvggU


チェ社長(崔英在さん:右)と通訳のヤンさん(梁鐘斗さん:左)。
お台場で行われた物産展に出品するために来日したときにお会いした。日本語の勉強もされているというチェさんはシャイで優しい方だった。

下はチェさんの飼い犬たち。
大きなハスキーが2頭、激しく尻尾を振ってお出迎えしてくれた。
耳をペターッと後ろに倒しているところを見ると歓迎してくれているようだが、迫力ありすぎて犬好きの私でもビビってしまった。

天陽製紙株式会社(천양제지주식회사)