全州へ行こうよ!韓国の全羅北道(チョルラブクド)・全州市(チョンジュシ)の旅行情報をご案内。韓国を代表する食の都、全州・全羅北道の見どころ、グルメ、交通・宿泊情報などをご紹介します。

「世界ソリ祝祭」「全州国際映画祭」など、国際的な祭典の舞台となる文化施設がたくさんある。ふだんでも伝統舞踊やコンサートなどが行われているので時間的に余裕がある人は芸術鑑賞など、いかが?


【徳津公園】(덕진공원=トクチンコンウォン)
高麗時代(918~1392年)に造成された13000坪の広大な人造湖がある。
ボート遊びもできる市民の憩いの場で、7~8月は池の表面を蓮の花がおおいつくすので有名だ。蓮の自生地は42,975平方メートルで東京ドームとほぼ同じほどもある。

この時期には「蓮の花まつり」も開かれ、多くのこの時期には「蓮の花まつり」も開かれ、多くの市民でにぎわう。
夏に全州を訪れる人はぜひ見に行ってほしい!

水柱が色とりどりの光と音楽に合わせて踊る「音楽噴水公演」は毎日4回行われている。
<プログラム>
春と秋:14時、17時、16時、19時
夏  :14時、15時、17時、22時
※土曜は野外映画会があるため、3回目は20分前に開始し、4回目は中止。

夜はライトアップされた吊り橋が湖面に美しく浮かび上がり、恋人たちの語らいの場となる。

週末の夕方はパンソリや伝統楽器の公演なども行われ、気軽に伝統文化にふれることができるので関心のある方にはおすすめ。

●所在地:全州市徳津洞1街1314-4
<行き方>
全州駅から市内バス(721、44、118、119番)で25分
●TEL: (063)279-6871
●利用は無料


【全北大学校】(전북대학교=チョンボクテハッキョ)

全北大学は韓国で屈指の名門校。
13学部に学生数2万名という広大なキャンパスは緑が多く、きれいに整備された広い庭もあり、秋は紅葉もきれい!
構内には最新の舞台施設をそろえた「全北大学文化館」もあり、大衆芸術公演や展示会なども催されている。

散策がてらに立ち寄り、パラソルのついたテーブルでお弁当を広げるのもいいかも。
昔は王稜と呼ばれる縁起の良い土地とされ、周辺には徳津公園、体練公園、動物園などが集まっている。

●徳津区徳津洞664-14
●TEL:063-270-2114

大学周辺には安くておいしい店も多く、いかにも学生の街らしい雰囲気がある。


【Pan Asia紙博物館】
(팬아시아종이박물관=ペンアシア_チョンギ_パンムルグァン)

上質なコウゾで作る「韓紙」は全州の特産品だが、<紙文化の歴史>をひと目で理解できるようにと1997年に開館した韓国初の体験型博物館。

建物の前にある巨大なみどり色のオブジェは何だろうかと気になったが、材木を粉砕する機械なんだって。
近くで見るとなかなかの迫力。

我ながら上出来な仕上がりに一同ニッコリ。
こんな手作りのお土産もちょっとGoodだね。


せっかくなので昔ながらのやり方で韓紙を漉いてみた。なかなか楽しいんだけど、指導のオジサンがせっかちで厳しいよぅ^^;
漉きあがった紙はお好み焼き屋さんみたいな鉄板のうえでアッという間に乾燥。仕上げはアジュンマの手慣れたアイロンでピシッと伸ばされて出来上がり~!

●所在地:徳津区パルボク洞2街180
●TEL:063-210-8103
<行き方>
全州高速バスターミナル隣の「徳津」から市内バス(77-1、77、74、84番)で20分
●公開時間:9:00~17:00
●月曜休館  ※新旧正月とお盆も休館
●入館無料
http://www.papermuseum.co.kr/


【道立国楽院】
(도립국악원=トリプ_クグァグォン)

伝統国楽の普及や研究、教育などを専門におこなっている。
国楽やパンソリを直接体験できると聞いて伺ったところ、サムルノリの講義とパンソリの個人レッスンを見せていただくことができた。

サムルノリでは大人顔負けの演奏をこなす小学生もいてびっくり。
一流の講師から直接学べる環境がうらやましかった。

徳津区(덕진구=トクチング)エリア概要