全州へ行こうよ!韓国の全羅北道(チョルラブクド)・全州市(チョンジュシ)の旅行情報をご案内。韓国を代表する食の都、全州・全羅北道の見どころ、グルメ、交通・宿泊情報などをご紹介します。

韓屋村のシンボル的存在。歴史ドラマの撮影地としても使われる風格ある佇まいに朝鮮時代の面影を偲ぶことが出来る。周辺には観光のハイライトとなる名所が多い。


慶基殿は朝鮮王朝の始祖、李成桂(太祖)の肖像画を奉るために1410年に建てられた。(史跡第339号)

肖像画を安置した真殿と、全州李氏の始祖の李翰夫婦の位牌を安置した肇慶廟などから成る。
太祖をはじめ、純宗、哲宗、英祖など歴代の朝鮮王の肖像画、高官が使用した人力車、位牌を移動する際に使われた神輿が展示されている。
歴史ドラマ「竜の涙」や「明成皇后」などの撮影地でもある。

※一番奥の真殿(肖像画も)は写真撮影禁止!
また神殿前の芝生を踏まないように気をつけよう。


境内はよく整備され、市民の憩いの場所であり、祝祭の際にはイベント会場としても使われる。
公衆電話、ベンチやトイレなどもある。

敷地内には朝鮮時代の両班屋敷、倉、庶民の家などを再現したスペースもあり自由に見学で知る。当時の暮らしに関心のある人はぜひ訪れてみたい。

所長さんに「マシュー」のあだ名があるのは…写真を見れば一目瞭然!
右は日本語ガイドのポヨンちゃん。
可愛らしくて親切な彼女のガイドで慶基殿を見学すれば感激もひとしお…でしたが別の案内所に異動してしまって残念。


■親切な観光案内所
慶基殿の正門の右側には観光案内所がある。
観光地図も充実していてなかなか頼りになるので立ち寄ってみよう。

●時間…9:00~17:007
●無料


★おすすめ情報★
慶基殿の正門前には小さなスーパー、土産品店、とんかつ専門店(旨い!)などが入った建物があるが、2階には落ち着いて休める伝統茶店が2軒ある。
所在地:全州市完山区校洞278 慶基殿前

正門を真下に望めるのは図書室のようにたくさんの本を置いた店で、芸術家風の物静かなおじさんが経営している。一人で入っても落ち着いてくつろげ、慶基殿での待ち合わせにも大変便利だ。

もう一軒は気の良いアジュマが経営する「風景(풍경=プンギョン)」というお店。
年中無休で22時までやっている。


慶基殿前の通りは「太祖路」と呼ばれている。

秋には銀杏の大木が色づき、燃えるような黄色と慶基殿の建物との調和が素晴らしい。
夜になるとイルミネーションが灯され、デートコースとしても人気がある。

慶基殿(경기전=キョンギジョン)