全州へ行こうよ!韓国の全羅北道(チョルラブクド)・全州市(チョンジュシ)の旅行情報をご案内。韓国を代表する食の都、全州・全羅北道の見どころ、グルメ、交通・宿泊情報などをご紹介します。

韓屋村の一角にある史跡。李氏朝鮮時代には<儒学>を教えるた官立学校だったところ。樹齢1000年を越す銀杏の巨木が見事で境内が真っ黄色に染まる秋の紅葉の時期には見逃せない。


梧木台のふもとにひっそりとたたずむ郷絞だが、孔子の弟子をはじめとする中国の儒学者や韓国18賢人の位牌を祀った大成殿など16棟の建物があり、規模的にはかなりの大きさがある。(史跡第379号)

境内は芝生の手入れがされ広々としていて気持ちが良い。
入口の門(萬化楼)は登ることができるので、ここでちょっとひと休み^^


儒学を国学とした李氏朝鮮時代、礼節や漢文を教えていた校舎では、今も儒教の講義が開かれているらしい。いったいどんな人が勉強しに来るのだろう?
伝統婚礼に使われることもあるので運が良ければ花嫁さんや韓服で着飾った人々を見ることができる。

秋は銀杏を拾いに来る人も多く、管理人のオヤジ(ちょっと意地悪)がそれを嫌って見学自体に文句を言うこともあるが気にしないこと。
気になるときには観光案内所を通じて全州市に苦情を。


樹齢1000年を越す銀杏の巨木が何本もそそり立つ様はすご~い迫力!
紅葉に時期には絶対に見る価値がある。

全州の街には銀杏の木がとても多い。
銀杏の木には虫がつかないことから、科挙に合格し権力者となっても不正をせず清廉潔白な気持ちをもちつづけようという意味で植えられたそうで、いかにも李王朝発祥の地らしい。

郷絞の斜向かいにある雑貨屋。

全州郷絞の周辺は静かな韓屋の住宅地。
昭和30年代を思わせる雰囲気を楽しみながらのんびりと散策を楽しみたい。

全州郷校(전주향교=チョンジュヒャンギョ)