全州へ行こうよ!韓国の全羅北道(チョルラブクド)・全州市(チョンジュシ)の旅行情報をご案内。韓国を代表する食の都、全州・全羅北道の見どころ、グルメ、交通・宿泊情報などをご紹介します。

全州を代表的する文化財とされている。朝鮮時代中期に建てられた全州府城の門。半月状にめぐらされた石塁が勇壮な印象を与えて美しい。周辺に広がる商業地域は市内で最も大規模な市場になっている。

「文禄慶長の役」で豊臣軍がこの門を壊したという言い伝えもある。


殿洞聖堂の右手を走る広い道路、八達路を越えてそのまま行くと、 全州のもっとも代表的な文化財である豊南門に突き当たる。(宝物308号指定)

1768年に造られた全州府城の四大門のひとつで、ソウルの南大門によく似た特徴をもつ美しい城門。
1905年に東、西、北門が撤去され南門だけが残され、現在の姿は1978年に復元されたもの。


夜間はライトアップされていっそう美しいので、夜のお散歩のときに立ち寄ってみよう。

豊南門(풍남문=プンナムムン)