全州へ行こうよ!韓国の全羅北道(チョルラブクド)・全州市(チョンジュシ)の旅行情報をご案内。韓国を代表する食の都、全州・全羅北道の見どころ、グルメ、交通・宿泊情報などをご紹介します。

「高速バスターミナル」から高速バスが出ている。バス専用レーンを走る高速バスは渋滞に無縁。時間通りに着けるのと5〜10分間隔でバスが出ているので待たずに乗れるのがも魅力。途中のサービスエリアで休憩もとってくれる。

ソウルの地下鉄3号線「高速ターミナル」で下車し、高速バスのターミナルをめざすが、ターミナルは非常に広く、地方に向かうバスの種類も多いので迷わないようにしたい。高速バスは5〜10分間隔で出ているので時間を気にする必要はない。

(1)改札を出たら「호남선(湖南線=ホナムソン)」の表示を見つけ、その方向に歩く。

(2)表示を確認してエスカレーターを上がる。

(3)地下商店街のような通路に出たらやはり表示を確認したうえで右へ。

(4)「セントラルシティ」「新世界百貨店」の入口を見つけて入る。

(5)ホールの中央にエスカレーターがあり、上がった右手にターミナルが広がっている。※このホールにはレストランや書店、CDショップなどがあってとても便利。新世界百貨店が開いている時間帯なら美味しいお菓子やパンも買える。エスカレーターを上がったところにコーヒーショップがあるが少々高い。そのほか、ターミナル内にはトイレ、公衆電話、「荷物の一時預かり所」などがある(左手奥)。

(6)一番手前、右側の窓口で「全州行き」のチケットを売っている。キレイで座席がゆったりした「優等(W16000)」と「一般(W11000)」の2種類があるが、窓口では一番早く出るバスのチケットを渡される。
希望のバスがある場合や、乗車まで少し時間的な余裕がほしい場合にはその旨を伝える必要がある。

(7)赤いゲートが並び、それぞれ番号が付いているが「全州」へ行くバスは「6番」。電光掲示板を見ながら待ち、自分の買ったチケットの時間が表示されたらゲートを入ってバスに乗り込もう。

運転手がチケットを確認に来るが、半券は降車時に必要になるので紛失しないように注意。

これは「優等」バスの車内。座席は3列でゆったり、窓も広くて気持ちがよい。高速道路だけを走るので渋滞もなく、ほぼ時間通り(3時間以内)に到着するのが魅力。

テレビをつける場合もあるが、これは運転手のためにあるようなものなので乗客にチャンネル権はない

途中で10〜15分ほどサービスエリアに立ち寄りトイレタイム。

高速の全州出口の料金所は、李王朝の伝統と格式を感じる見事な門構え。
この門をくぐったらそこは全州市内だ!

左手に2002年ワールドカップで建設されたサッカー競技場が見えてくる。
全州の競技場は「鶴」をモチーフにデザインしたといわれ、優美な曲線が特徴だ。
※ここから「韓屋村」をめざす場合、かなりの距離があるのでタクシーがおすすめ。
基本料金でたどりつける。

「全州高速バスターミナル」に到着。
カタツムリのように丸い形をしている。
近くには別会社が運営する「高速バスターミナル」と「市外バスターミナル」もある。ソウルと全州を結ぶ高速バスのターミナルは丸い方なので間違えないようにしたい。